ご当地マラソンとは

走る元気は、ご当地産の声援と笑顔 。

『全国ご当地マラソン大会シリーズ』は、日本全国各地で行われているご当地マラソン大会を紹介するポータルサイトです。

東京や大阪などの都市型マラソン大会にはない、地域の特色を生かし、おもてなし趣向を取り入れた地方マラソン大会の魅力を紹介していきます。

『マラソン大会を通じて地方の素晴らしさに気づいて欲しい。』そんな思いで私たちは活動しています。

代表あいさつ

全国のご当地マラソンに新しい価値を

辻井 洋
株式会社パワーフロンティア

取締役 運営統括Director

辻井 洋

スポーツ、文化イベントや今流行のご当地グルメを集めたイベントなど 様々な催事を企画、運営。マラソンイベントでは年間約20大会に携わり 各地域の町おこしや発展に寄与している。

昨今、ランニングは「ブームを超えてライフスタイルに」と評されるほど、急速に一般市民へと広がっております。

マラソン大会をはじめとしたランイベントはそのブームにも乗って全国各地で開催、ランニングを楽しむ人口は2000万人とも2500万人とも言われています。

その中で地域の特色を生かした地方のマラソン大会が地域振興の手段として注目を集めています。しかし、近年は東京や大阪をはじめとする都市型メガ大会が主要県庁所在地で開催され、地方マラソン大会は開催規模、集客とも一時期よりかなり劣勢となっています。

そこでこのような都市型メガ大会とは一線を引き、地域の特色を前面に出したおもてなし趣向で47都道府県のネットワークを構築、新たな大会魅力として各大会が一丸となってPRする、2017観光庁「テーマ別観光による地域誘客」観光庁認定事業《全国ご当地マラソン大会シリーズ》を発足することとなりました。

沿革

平成29年

動画を再生
4月 全国ご当地マラソン協議会発足
6月 平成29年度官公庁「テーマ別観光による地方誘客事業」認定
7月 加盟大会を集めた第一¥回総会を都内で開催
8月 加盟大会の首長出席による設立記者発表会を都内で開催
9月 国内最大級の旅フェア「ツーリズムEXPOジャパン」(東京ビッグサイト)に出展
平成29年度第1号の協議会認定のPR新聞発行

平成30年

1月協議会主催の「マラソン サミットinジャパン(明治ホール)を開催
2月東京マラソンEXPO(東京ビッグサイト)に出展
5月平成30年度度官公庁「テーマ別観光による地方誘客事業」に継続事業として認定

大会加盟資格(原則)

正会員

  • 地方自治体(市、町、村)もしくはそれに準じる団体(体育協会、観光協会)が主催、運営する大会
  • 県庁所在地開催の都市型大会を除くその県内、地域内の代表的大会
  • 種目がフルマラソン、またはハーフを有する大会

サテライト会員

  • 上記に満たない大会
  • 享受する恩恵、メリットは正会員と全く変わりはありません

加盟金(初年度無料)

正会員、サテライト会員ともに年間30万円。(初年度無料は準会員として加盟、2年目以降も継続可能)

加盟メリット

正会員 サテライト会員

準会員
大会コンサル事業(大会運営、マネジメント、調査など)  ○
加盟各大会との連携、情報共有、人事交流  ○
か明確大会会場でのブース出展、PR活動
協議会公式HPでバナー広告掲示
PR新聞号外での大会詳細情報の掲載 △ (大会名のみ)
競技会公式HPで大会詳細情報の掲載 △ (大会名のみ)
東京マラソンなどEXPO出展ブース内にて大会PR △ (大会名のみ)
協賛スポンサーの仲介 △ (大会名のみ)
大会参加ランナーの属性など調査事業(要調整) ×
賞杯、賞品提供(希望大会のみ) ×
マラソンサミットinジャパン 参加費免除 ×
総会懇親会 会費免除(年2回) ×