佐渡トキマラソン

中部 新潟県

佐渡トキマラソン

フルマラソン6時間、ハーフマラソン3時間で、それぞれ関門を設けます。 運が良ければ大空をトキ色の羽を広げ集団で飛びかうトキの姿を見ることができ、ランナーの心を魅了してくれることでしょう。

大会の特徴

佐渡トキマラソンは、佐渡の表玄関である両津をスタートして、牡蠣の養殖で有名な加茂湖、トキの中心生息地である新穂を通り、佐渡の穀倉地帯の国仲平野を走り抜けて、両津の対岸となる真野金丸を往復するフルマラソンコースとなっています。新穂の街並みを抜けると、残雪を頂く佐渡の最高峰金北山をはじめ大佐渡山脈の雄大な姿が目に飛び込んできます。さらには、運が良ければ大空をトキ色の羽を広げ集団で飛びかうトキの姿を見ることができ、ランナーの心を魅了してくれることでしょう。大会名に「鳥の名前」の「トキ」と「ココバート」が付いていることから、グアムの「ココロードレース」と姉妹提携を結んでいます。 大会前日・当日の両日、スタート・ゴールになる両津地区の飲食店、土産物店、温泉施設では、「がんばって」「おつかれさま」の気持ちを込めての割引きや特別サービスなど、精一杯のおもてなしをさせていただく「島呑みおけさ横丁」を開設しています。 また、フルマラソンの他にもハーフマラソン、10Km、5Km、3Km、順位に関係なく親子で完走を目的として楽しめるエンジョイ2Kmのコース設定もあります。 現在、今以上に自然を生かした佐渡らしい魅力あるコースにしたいということで、プロフェッショナル・ランニングコーチの金哲彦さんのアドバイスを受けて、金さんプロデュースによる新コースの設定を進めています。また、これまでの制限時間6時間を7時間に延長する予定です。

観光の特徴

佐渡トキマラソンは、佐渡の表玄関である両津をスタートして、牡蠣の養殖で有名な加茂湖、トキの中心生息地である新穂を通り、佐渡の穀倉地帯の国仲平野を走り抜けて、両津の対岸となる真野金丸を往復するフルマラソンコースとなっています。新穂の街並みを抜けると、残雪を頂く佐渡の最高峰金北山をはじめ大佐渡山脈の雄大な姿が目に飛び込んできます。さらには、運が良ければ大空をトキ色の羽を広げ集団で飛びかうトキの姿を見ることができ、ランナーの心を魅了してくれることでしょう。大会名に「鳥の名前」の「トキ」と「ココバート」が付いていることから、グアムの「ココロードレース」と姉妹提携を結んでいます。 大会前日・当日の両日、スタート・ゴールになる両津地区の飲食店、土産物店、温泉施設では、「がんばって」「おつかれさま」の気持ちを込めての割引きや特別サービスなど、精一杯のおもてなしをさせていただく「島呑みおけさ横丁」を開設しています。 また、フルマラソンの他にもハーフマラソン、10Km、5Km、3Km、順位に関係なく親子で完走を目的として楽しめるエンジョイ2Kmのコース設定もあります。 現在、今以上に自然を生かした佐渡らしい魅力あるコースにしたいということで、プロフェッショナル・ランニングコーチの金哲彦さんのアドバイスを受けて、金さんプロデュースによる新コースの設定を進めています。また、これまでの制限時間6時間を7時間に延長する予定です。

  • 開催日
  • 2018年4月22日(日)開催
  • 種目
  • フル ハーフ / 10km / 5km / 3Km / エンジョイ2km

この大会に関するニュースはありません。