九州 / 沖縄 沖縄県

石垣島マラソン

フルは石垣島中央運動公園がスタート、ゴールのワンウェイコース。序盤は遠く竹富島を望む海岸線、中盤はさとうきび畑やパイン畑、石垣牛の牧場といった八重山の風景、終盤は島民の大声援を受けながらの石垣市街地と変化に富んだ景観が楽しめます。

大会の特徴

「走り初めは石垣島で」をキャッチコピーに毎年1月の第4日曜日に開催していますが、石垣島は一年を通して温暖な気候なため、真冬でも快適に走れます。稀に気温が25℃近くになり、過酷なコンディションになることもあります。

種目はフル、ハーフ、10kmと三種目あり、ご自身の体力に合わせて挑戦できます。

島の南側から中心を走るコースは、島ならではの地形から高低差のあるアップダウンが続き、走りごたえ十分です。しかし、沿道からオジーやオバー、子どもたちの声援、パーランクー(エイサーで使う小太鼓)、指笛などが鳴り、ゴールへと背中を後押ししてくれます。また、石垣島独特の雰囲気は多くのランナーを魅了します。

ゴールすると完走証のほか、陶器でできた完走メダルが贈られます。完走メダルのカラーは毎年変わるため、メダルコレクターが続出中です。

 さらに、年代ごとに上位3位に入ると、エイジラン入賞者として表彰および景品を授与いたします。

 競技終了後は、交流パーティーとして、お楽しみ抽選会や地元高校生による郷土芸能の披露、地元出身アーティストによるライブなど様々な催し物があり、場外で販売しているビールや泡盛を飲みながら参加していただき、良い思い出がたくさんできること間違いなし。

 

大会情報

定 員  制限なし

参 加 料   ① フルマラソン  一般8,000円 高校生4,000

        ② ハーフマラソン 一般7,000円 高校生4,000

        ③ 10km    一般7,000円 高校生4,000

       (ナンバーカード、記念Tシャツ等を含む)

 

制限時間   ① フルマラソン  6時間30分(中間点3時間15分、35km地点5時間50分)

        ② ハーフマラソン 3時間30分(17km地点2時間30分)

       ③ 10km    1時間30分

表彰  各種目男女 総合1~3位
    年代別男女1~3位(10代、20代、30代、40代、50代、60代、70代以上)

   (制限時間内完走者へ完走証と完走記念メダル)

観光の特徴

国指定の名勝・日本百景に選ばれている「川平湾」は、真っ白い砂浜に光の加減によって7色に変化する海、湾内に浮かぶ小さな島々に見とれ、時間を忘れゆっくりとした雰囲気を味わうことができます。

 また、地平線へ沈んでいく夕日を眺めることができる御神崎(うがんざき)や、石垣島を360度見渡せるバンナ公園など自然を堪能できる施設がたくさんあります。

 海の中を楽しむダイビング・シュノーケリングはもちろんのこと、カヌーやグラスボート、パラセーリングなどアクティビティも充実しています。

 食べ物では、なんと言っても「石垣牛」。2000年の沖縄サミットで各国の首脳から絶賛されたその肉は、口の中で柔らかく溶けます。それを、地酒の泡盛と一緒に楽しむと自然と笑顔になることでしょう。

 また、今でも受け継がれている伝統工芸品のミンサー織は、五つ玉と四つ玉の模様があり「いつ(五)の世(四)までも」の意味が込められ女性から男性に贈られた愛情のこもった織物となっています。お土産品としても大人気ですので、意中のあの方や、パートナーに良いかも。

 時間を忘れて自然の中で楽しみ、おいしい食べ物を食べ、歴史ある工芸品に触れてみると、石垣島を満遍なく堪能でき、リフレッシュできますので、ぜひ「お~りと~り~(いらっしゃい)」

  • 開催日
  • 2022年1月23日(日) 開催から 2022年3月20日(日)に延期
  • 種目
  • フルマラソン / 10km/2km

この大会に関するニュースはありません。