中国 / 四国 岡山県

そうじゃ吉備路マラソン

「西日本最大規模のご当地マラソン」走ろう歴史あふれる早春の吉備路を

大会の特徴

「そうじゃ吉備路マラソン」は日本各地より20,000人以上のランナーが参加する大会であり,エントリー者数は全国5位である市民マラソンです。吉備路マラソンでは「フルマラソン,ハーフマラソン,10km,5km,3km,ファミリーマラソン(1.5km,800m)」の7種類のコースがあり,子どもから年配の方までどなたでも参加できる豊富なコースが大きな特徴です。また,ハーフマラソンと10kmは日本陸連公認コースとなっており,自己新記録を目指すランナーの方も参加していただいております。

 「晴れの国おかやま」のキャッチフレーズのとおり岡山県は,温暖な気候と海,山,川の自然に恵まれた土地となっており,特に総社市は古来より,「吉備の国」と呼ばれていました。大会の舞台となる吉備路一帯は,全国4番目の規模を誇る造山古墳をはじめ,備中国分寺の五重塔,雪舟生誕地などが点在し,古代吉備の繁栄を今に伝えており,参加するランナーの皆様は,歴史と文化,ロマンあふれるコースを堪能することができます。

 

大会詳細

  1 日時 令和2年2月23日(日)

  2 種目等

種目 募集人員 年齢区分 備   考
フルマラソン 3,000人 18歳以上 ・ハーフ,10kmの公認コース→「公認大会」を継続

 

ハーフマラソン 5,000人 高校生以上
10km 5,000人 高校生以上
5km 3,000人 中・高校生以上
3km 3,000人 小学生(低・高)・中学生
ランニング

イベント

(ファミリー)

1.5km 3,500人 小学生以上
800m 2,500人 幼児と保護者

観光の特徴

 のどかな田園風景が広がる「吉備路」。かつてこの地に「古代吉備王国」がありました。瀬戸内の温和な気候,風土を背景に,弥生時代末期から古墳時代の5~6世紀にかけて繁栄し,大和・出雲と並ぶ強大な勢力を誇っていました。その「吉備王国」の中心とされる地域が現在の総社市であり、吉備文化発祥の地ともいわれています。

 「吉備路」には,古代吉備の繁栄を物語る多くの文化遺産が各所に点在しています。特に畿内に対抗する勢力を誇った吉備の大首長墳の「造山古墳(全国4位・岡山市)」と「作山古墳(全国10位・総社市)」の二大巨墳,巨大な横穴式石室を有する「こうもり塚古墳」,温羅伝説の舞台となった壮大な規模を誇る古代山城「鬼ノ城」などが,その繁栄を如実に物語っています。

  • 開催日
  • 種目
  • フルマラソン / 10km/2km
  • 大会公式サイト

この大会に関するニュースはありません。