asdf

シーズン突入!

10月28日(日)に開催された静岡県島田市を皮切りにいよいよ全国ご当地マラソン協議会加盟大会もマラソンシーズンを迎えることとなりました。

 

今週の11月11日(日)は茨城県坂東市「いわい将門ハーフマラソン」、兵庫県赤穂市「赤穂シティマラソン大会」、大分県国東市「仏の里くにさき・とみくじマラソン大会」の3大会が開催します。

 

前段の島田市は、江戸時代には東海道の宿場町として栄え、象徴でもある大井川を走る大会は毎年1万1千人のランナーが集まります。観光といえば、全国でも珍しい蒸気機関車が走ります。町から山の中まで走るコースは、一年を通じて走行するのでそれぞれの季節を楽しむことができます。

 

今週の3大会も歴史を感じることができる場所でもあります。坂東市は平安時代の平将門、赤穂市は江戸時代、忠臣蔵の赤穂浪士、国東市は多くの神社仏閣や安土桃山時代から江戸時代までカトリックの司祭ペトロ・カスイ岐部

 

そして、食については山の幸、海の幸と豊富に揃っているのでぜひ、泊りがけで足を運んでもらいたいです。