現在表示しているページの位置
  • 中部
  • 静岡県

しまだ大井川マラソンin リバティ

大井川に整備された全国初のマラソン専用コース「リバティ」が舞台、制限時間7時間途中関門なしのフルマラソン。「名物」大エイドステーションでおもてなし。

大会の特徴

しまだ大井川マラソンinリバティは「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」と古くから謳われた大井川に整備された、マラソン専用コース「リバティ」をメインコースにフルマラソンと10kmの部があります。 本大会の最大の特徴は『完走制限時間7時間・途中関門なし』。アップダウンの少ないフラットなコース設定となっていますので、初心者や女性にやさしい大会となっております。 また、参加者の約半分が静岡県外からのエントリーで、全国から選手やその家族、サポーターなど約2万人が訪れます。  コースは、市街地コースから大井川河川敷の「リバティ」へと進む日本陸連公認コースとなっております。特に、通称「大エイドステーション」と呼ばれるステーションでは、通常の給水・給食のほかに、おでん・焼きそば・ラーメン・カップスープ・おかゆ・みかんなどの多種多様の給食を提供する本大会の名物ステーションとして定着しています。 そのほか、メイン会場のふれあい交流イベントでは島田市の特産品の紹介・販売をはじめ、川根温泉による足湯や各種のステージイベントを展開し、走り終えたランナーの疲れを癒します。 大会運営は、「しまだおもてなし隊」という市民ボランティアにより支えられており、島田市民の“温かいおもてなしの心”で選手の皆様をお迎えいたします。

観光の特徴

大井川流域に広がる島田市は、静岡県内でも有数の茶産地として「島田茶」「金谷茶」「川根茶」と3つのブランドを有し、市をあげて「島田市緑茶化計画」を推進し“茶のまち島田”を全国に発信しています。また、“歴史のまち”“祭りのまち”でもあり、ギネス認定された世界一長い木造歩道橋の「蓬莱橋」、川越文化を復元した大井川川越遺跡などの歴史ある文化財や、日本三奇祭のひとつ「島田大祭(帯祭り)」や1,000人の茶娘が踊る「金谷茶まつり」、多様な日本髷を披露する「島田髷まつり」といった華やかなお祭りなど、見所が満載です。大井川の沿線を走る大井川鐵道のSLに乗車したり、川根温泉や田代の郷温泉にゆったり入浴するなど、大人から子供まで楽しめるお茶と自然と歴史に溢れる島田市に、ぜひお越しください。

しまだ大井川マラソンin リバティ
開催日

2017年10月29日

種目

フルマラソン
10km